完全網羅!とことん選び抜いたプロポリス

とことん選び抜いたプロポリス

プロポリスの抗癌作用とは


プロポリスには、抗癌作用があることが認められています。
しかし、プロポリス単独での働きがあるほど多くの抗癌作用があるわけではないようです。
プロポリスが持っているとされる活性酸素消去作用であったり免疫増強作用などが相乗的に働くことによって抗癌作用をもたらしているのではないかと考えられているのです。
血液中にあるマクロファージ増殖作用フランボン化合物の抗オキシダント作用がそのほかの有効成分と一緒に癌細胞に働くのだろうと考えられています。
遺伝子を損傷することを防止するということにプロポリスが作用しているのだそうです。

プロポリスは、殺菌作用や抗菌作用があることでも知られているのですが癌細胞を増殖させない、ということに効果があることでも認められています。
プロポリスには、数百種類もの成分があるとされているのですが実際には、全ての成分が解明されているわけではありません。
癌にどのような成分が働いているのかを確定できていないという現状もあります。
おそらくではありますが、カフェイン酸フェネルエステルやケルセチン、クレロダン系ジデルペン、アルデピリンCなどが相乗効果することによって抗癌作用があるのではないかということです。

もともと、プロポリスというのはミツバチが巣を守るために作っているものです。
巣の補修や巣を外的から守るために使用されているのです。
臨床実験なども行なわれ、医学的にもプロポリスが癌に効果があると認められとても注目されています。
癌の治療にはいろいろな治療法がありますが手術、放射線治療、抗癌剤の使用などです。
癌のある部位や程度によって治療法が変わります。

しかし、どの治療法にもメリットがあればデメリットもあります。
手術では、癌細胞を全て取り除くことができない場合もありますし放射線治療では、癌細胞以外にも作用してしまう場合があります。
そして、抗癌剤の治療では、抗癌剤による副作用もとても大きなものです。
プロポリスの抗癌作用が医学的にも注目されるようになった理由として治療においてほとんど副作用がなくまた、癌細胞にだけ作用するというメリットが多くあるからなのです。
プロポリスにより癌治療を行なったからといってすぐに効果があるわけではありませんし癌細胞がみるみる減っていくというわけでもありません。
癌の増殖を抑え、免疫力を高めていくことで癌を弱らせていくことができるとされているのです。