完全網羅!とことん選び抜いたプロポリス

とことん選び抜いたプロポリス

プロポリスの鎮痛作用とは


生活習慣病などの予防やアンチエイジング効果があるなど健康や美容に良いとして注目されているプロポリスなのですが鎮痛作用があることでも知られている健康食品なんです。
プロポリスを摂取したことによって痛みが和らいだ、という報告も多く挙げられています。
プロポリスは、モルヒネと比べるとモルヒネの5倍から6倍もの鎮痛効果があるのだそうです。
ポロポリスを体内に取り入れることで痛みの元となる情報伝達物質が作られることを静止する物質があるということがわかっているようなのです。

医療現場での活躍も期待されています。
また、殺菌や抗菌効果もあるとされており傷口に塗ることで痛みまで和らげることができるのだそうです。
しかし、プロポリスによる鎮痛作用には、鎮痛作用の継続時間が短いことが欠点として挙げられています。
プロポリスの鎮痛作用は、あまり長い時間続かないようなのです。
一時的に痛みを和らげることはできるのですが長い時間、鎮痛作用を得るためには使用し続けなくてはならないのです。
プロポリスチンキ液という液体化されたものがあるのですが傷口に使用する際、そのプロポリスチンキ液を何度も何度も傷口に塗り続ける必要があることから「面倒だ」という声も多くあるようです。

しかし、通常使用されていることの多いアスピリンという鎮痛薬などと比べるとプロポリスチンキ液は、多様しても習慣性などがないことでも知られています。
濃度の麻酔薬であるノボカインや局所麻酔に使用されているコカインなどと比べてもプロポリスチンキ液は、3倍から4倍もの麻酔効果を持っているとされています。
痛みを和らげてくれる効果時間は短いものの効果の高さは評価されているようです。
動物を使った実験結果の報告によると体重1kgに対して0.012gのプロポリスを使用するだけで全身麻酔の効果が4分から5分もの間継続させることができたそうです。
わずか0.012gという量で5分も継続させることができるようなので大量に必要だというわけではないようですね。